Nobutake Dogen.com

鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」

ずいぶん前に読んだものの再読。
いわゆる歴史ミステリーものの範疇に入るんでしょうけど、ミステリーっぽくない。
トンデモ説をミステリーという箱に収めているだけのような感じではあるけど、面白いは面白い。

バーに集まった4人の会話のみで構成されているせいで、とにかく動きがなく、台詞ばかりになっている。
それをごまかすために、お酒や料理の描写を挟んでいるものの、当然のように不必要(また登場人物が食にそこまで興味がなさそう)な描写なため、テンポが悪くなっているだけのような気がする。

1.悟りを開いたのはいつですか?
2.邪馬台国はどこですか?
3.聖徳太子は誰ですか?
4.謀反の動機はなんですか?
5.維新が起きたのはなぜですか?
6.奇跡はどのようになされたのですか?

の全6編。
「5W1H」にしているような気がするんだけど、「謀反の動機はなんですか?」も「維新が起きたのはなぜですか?」も「Why?」なんじゃないの?どうなの、英語詳しい人。
まぁ、ミステリーで「What?」って難しいですよね。
その点「先生、大事なものが盗まれました」は見事だった。

閑話休題。
この中では「奇跡はどのようになされたのですか?」が一番ミステリーっぽい。

あらすじ

カウンター席だけの地下一階の店に客が三人。三谷敦彦教授と助手の早乙女静香、そして在野の研究家らしき宮田六郎。初顔合わせとなったその日、「ブッダは悟りなんか開いてない」という宮田の爆弾発言を契機に歴史談義が始まった…。回を追うごとに話は熱を帯び、バーテンダーの松永も教科書を読んで予備知識を蓄えつつ、彼らの論戦を心待ちにする。ブッダの悟り、邪馬台国の比定地、聖徳太子の正体、光秀謀叛の動機、明治維新の黒幕、イエスの復活―を俎上に載せ、歴史の常識にコペルニクス的転回を迫る、大胆不敵かつ奇想天外なデビュー作品集。
引用:Amazon

スポンサーリンク

感想

ミステリー小説における役割のとしての探偵にとって「どれだけそれっぽく屁理屈を言えるか」って大事な要素の一つだと思うんですよ。
魅力的な謎の真相について、どれだけ魅力的に推理を話して聞かせるのか、というのが大事だと思うんですよ。

そういった意味で、本書では「ブッダは本当に悟りを開いたのか?」や「キリストはどうやって復活したのか?」など、そもそもの”謎”が格別に魅力的。
その謎に対して、無責任に突拍子もない説をぶつけているだけ、もちろん、真相がどうなのかはわからないんだけど、それなりに真相のように聞かせるのは上手。

しかし、バーの中での会話のみ、という設定のせいで小説としてはいささか地味すぎるし、そこをカバーしようとしているのか、不必要な料理やお酒の知識は邪魔になってしまっている。
小説内で無駄話っていうのはとても難しいとは思うんですよね。村上春樹や伊坂幸太郎なんかは無駄話の入れ方とても上手だな、と思う。映画だったらタランティーノ。

とは言え、目の付け所は面白い。

2018年 年間ベスト

  1. 西加奈子「ふる」
  2. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  3. 宮下奈都「羊と鋼の森」
  4. 筒井康隆「朝のガスパール」
  5. 天祢涼「キョウカンカク 美しき夜に」
  6. 井上真偽「その可能性はすでに考えた」
  7. 井上真偽「探偵が早すぎる」
  8. 瀬川コウ「謎好き乙女と奪われた青春」
  9. 竹本健治「涙香迷宮」
  10. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  11. 野村美月「文学少女と繋がれた愚者」
  12. 野村美月「文学少女と慟哭の巡礼者」
  13. 野村美月「文学少女と神に臨む作家」
  14. 野村美月「文学少女と月花を孕く水妖」
  15. 深水黎一郎「テンペスタ 最後の七日間」
  16. 北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」
  17. 伊坂幸太郎「仙台ぐらし」
  18. 辻村深月「盲目的な恋と友情」
  19. 辻村深月「鍵のない夢を見る」
  20. 野村美月「文学少女と死にたがりの道化」
  21. 野村美月「文学少女と穢名の天使」
  22. 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」
  23. 辻村深月「ハケンアニメ!」
  24. 東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
  25. 有栖川有栖「46番目の密室」
  26. 青崎有吾「体育館の殺人」
  27. 下村敦史「生還者」
  28. 野村美月「文学少女と飢え渇く幽霊」
  29. 木内一裕「デッドボール」
  30. 佐藤友哉「子供たち怒る怒る怒る」
  31. 森絵都「カラフル」
  32. 井上荒野「あなたの獣」
  33. 東野圭吾「どちらかが彼女を殺した」
  34. 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」
  35. 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」
  36. メグ・ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」
  37. 瀬尾まいこ「おしまいのデート」
  38. 竹宮ゆゆこ「あしたはひとりにしてくれ」
  39. 伊坂幸太郎「火星に住むつもりかい?」
  40. 西澤保彦「殺す」
  41. 東野圭吾「放課後」
  42. 長江俊和「出版禁止」
  43. 東川篤哉「密室の鍵貸します」
  44. 倉知淳「星降り山荘の殺人」
  45. 東野圭吾「十字屋敷のピエロ」
  46. 秋吉理香子「暗黒女子」
  47. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  48. 折原一「覆面作家」
  49. 恩田陸「木漏れ日に泳ぐ魚」
  50. 大石圭「人を殺す、という仕事」
  51. 浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」
  52. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  53. 綾辻行人「どんどん橋、落ちた」
  54. 首藤瓜於「脳男」
  55. 西澤保彦「麦酒の家の冒険」
  56. 青柳碧人「西川麻子は地理が好き。」
  57. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
  58. 原宏一「床下仙人」
  59. 島田荘司「斜め屋敷の犯罪」
  60. 折原一「耳すます部屋」
  61. 七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
  62. 鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」
  63. 木下半太「鈴木ごっこ」
  64. 高木敦史「演奏しない軽音部と4枚のCD」
  65. 遠藤武文「トリック・シアター」
  66. 伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」
スポンサーリンク

Book | 2018年4月23日