Nobutake Dogen.com

東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」

東野圭吾のクローズド・サークルもの。
とはいえひねくれものの東野圭吾、一筋縄ではいかないクローズド・サークル。
タイトルには「雪の山荘」となっていますが、雪なんか全く降っていないし、閉ざされてなんかいない。

集まった人々が芝居として山荘に自ら閉じこもっているだけなのに、とてもフェア。
なんて言うと、本多には怒られてしまうかもしれないけれど。

「閉ざされた山荘での連続殺人」という古典的な雰囲気で進む物語の背景にあるのは、ミステリーとしては違和感のある「自ら閉じこもっているだけ」の登場人物たち。

あらすじ

早春の乗鞍高原のペンションに集まったのは、オーディションに合格した若き男女七名。これから舞台稽古が始まるのだ。豪雪に襲われ孤立した山荘での殺人劇である。だが一人また一人、現実に仲間が消えていくにつれ、彼らの中に疑惑が生じる。果してこれは本当に芝居なのか、と。一度限りの大技、読者を直撃。 –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
引用:Amazon

スポンサーリンク

ネタバレありの感想

みんなで芝居をしていると思ったら現実だった!と思っていたらやっぱり芝居だった。
という三重構造なのに、全然ややこしくないのは一見ありがちな(馴染みのある)”雪の山荘”という舞台設定と、登場人物たちの行動・思考の動き方などが、(不自然だったりリアリティが薄いとしても)わかりやすく、理解・想像がしやすいものであったりするおかげだと思う。
こういうのを読むとやっぱり東野圭吾の文章力は高いんだなぁと感心させられる。

人が死んでいない、というのはミステリーでは弱点になりがちだけどそこを逆手にとっていて、本当に見事だと思う。
また、「神の視点(三人称視点)では嘘をつけない」というのもミステリー小説の枷であって(もちろん面白い部分でもあるが)犯人はどれだけ神の視点から逃げるかというのが大事になるんだけど、神の視点かと思っていたら登場人物の視点であり、しかもその事自体がホワイダニットをあてるための重要なヒントになっているというのがすごい。

僕は、多作な人は(全部読むのが大変だから)あんまり好きじゃ無いことが多いんだけど、東野圭吾を読んで「ハズレ」と思ったことは本当に少ない。というよりは一回も思ったことがないかもしれない。
どの作品も安心して読めて、安心して楽しめて、そんな中で素晴らしく好きな作品もいくつも。
これもそんな1冊になった。

2018年 年間ベスト

  1. 西加奈子「ふる」
  2. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  3. 宮下奈都「羊と鋼の森」
  4. 天祢涼「キョウカンカク 美しき夜に」
  5. 瀬川コウ「謎好き乙女と奪われた青春」
  6. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  7. 深水黎一郎「テンペスタ 最後の七日間」
  8. 北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」
  9. 伊坂幸太郎「仙台ぐらし」
  10. 東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
  11. 有栖川有栖「46番目の密室」
  12. 青崎有吾「体育館の殺人」
  13. 下村敦史「生還者」
  14. 佐藤友哉「子供たち怒る怒る怒る」
  15. 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」
  16. 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」
  17. メグ・ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」
  18. 瀬尾まいこ「おしまいのデート」
  19. 東野圭吾「放課後」
  20. 長江俊和「出版禁止」
  21. 東川篤哉「密室の鍵貸します」
  22. 東野圭吾「十字屋敷のピエロ」
  23. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  24. 折原一「覆面作家」
  25. 浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」
  26. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  27. 首藤瓜於「脳男」
  28. 西澤保彦「麦酒の家の冒険」
  29. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
  30. 原宏一「床下仙人」
  31. 島田荘司「斜め屋敷の犯罪」
  32. 鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」
  33. 木下半太「鈴木ごっこ」
  34. 高木敦史「演奏しない軽音部と4枚のCD」
  35. 枝松蛍「何様ですか?」
  36. 伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」
スポンサーリンク

Book | 2018年4月20日