Nobutake Dogen.com

浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」

映画で見たかったやつをなんだかんだで小説版を先に読んでしまった。
韓国の映画で「殺人の告白」というのがあって、それのリメイクしたのが映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」。
そして、それをノベライズしたものがこれ。
間違っていないんだろうけど、そんな本の著者を「浜口倫太郎」としちゃうのはちょっとどうなんだろう。
ってところが多少気になる。
原案くらいは記載するべきじゃないかな。

あらすじ

驚愕の先の涙、涙! 小説というもう一つの衝撃。
書籍編集者・川北未南子は苦悩していた。突如現れた美しい青年・曾根崎雅人から預かった原稿は、巧みな文章で綴られ、彼女を魅了した。しかし、そこに書かれていたのは、22年前の、すでに時効が成立した連続絞殺事件、その犯人による告白だったのだ。はたして、この本は出版されるべきなのか。だが――わたしはもう悪魔の虜になっていた……。
出版された『私が殺人犯です』は、たちまちベストセラーとなり、曾根崎は熱狂を煽るかのように挑発行為を続ける。犯人逮捕を果たせなかった刑事の無念。そして、被害者遺族たちのやるせない思い――。社会の禁忌に挑む小説版『22年目の告白』が登場。
引用:Amazon

スポンサーリンク

ネタバレありの感想

映画を見ていないので、あくまで小説版の評価になってしまうんだけど、想像してたよりも面白かった。映画も見ればよかったと後悔したし、原案の「殺人の告白」にも興味わいた。

いくらでも重くできる設定だけど、著者がテレビの人だからなのか、軽妙な感じを残しつつでとても読み易い。エンタメって感じだ。

仙堂が出てきた時に、中盤からの登場人物にしてはキャラ紹介細かくて嫌な予感がしたらやっぱり、という感じ。
謎解きの件はなんとも納得できない部分は多々あるものの、エピローグはとても好み。
本が人を結びつけ、人の支えになる。
まさしくだよなぁ。

ラストに、渡部と憲子が「勘違いとはいえ、ひどいことを言った」と、謝ってくるシーン。
あれは全く納得できない。
未南子は曾根崎が本物だと信じて出版したわけだし、未南子がクズなのは間違いないと思うんだけどな。

2018年 年間ベスト

  1. 西加奈子「ふる」
  2. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  3. 宮下奈都「羊と鋼の森」
  4. 天祢涼「キョウカンカク 美しき夜に」
  5. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  6. 深水黎一郎「テンペスタ 最後の七日間」
  7. 北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」
  8. 青崎有吾「体育館の殺人」
  9. 下村敦史「生還者」
  10. 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」
  11. メグ・ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」
  12. 瀬尾まいこ「おしまいのデート」
  13. 長江俊和「出版禁止」
  14. 東野圭吾「十字屋敷のピエロ」
  15. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  16. 折原一「覆面作家」
  17. 浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」
  18. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  19. 首藤瓜於「脳男」
  20. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
  21. 原宏一「床下仙人」
  22. 高木敦史「演奏しない軽音部と4枚のCD」
  23. 枝松蛍「何様ですか?」
  24. 伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」
スポンサーリンク

Book | 2018年4月4日