Nobutake Dogen.com

北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」

初読みの作家さん。
何冊か購入して、一番上に積んであったこれから。
やったぜ。面白い!

あらすじ

伝説の怪盗に、盗めぬものはなし!「誰が(Who?)」「なぜ(Why?)」「どうやって(How?)」を超えた、ミステリ史上初の命題!

愛や勇気など、形のないものまで盗む伝説の怪盗・フェレス。その怪盗が、凪島のアートギャラリーに犯行後カードを残した!
灯台守高校に入学した雪子は、探偵高校と怪盗高校の幼馴染みとともに捜査に乗り出す。だが盗まれたものは見つからず、事件の背後に暗躍する教師の影が。
「誰が?」ではなく「どうやって?」でもなく「何が(What?)盗まれたか?」を描く、傑作本格ミステリ誕生!
引用:Amazon

・先生、記念に一枚いいですか
・先生、待ち合わせはこちらです
・先生、なくしたものはなんですか
の3編からなる連作短編集です。

スポンサーリンク

感想

割と特殊な舞台設定。
僕がこういうのが好物ってこともありますが、せっかくライトな雰囲気なので、これくらい非現実的な舞台を設定しちゃっても楽しめるし、何より、「何でも盗むことができる」っていうこれまた非現実的なキャラクターも受け入れられる。

フーダニット(犯人当て)でもなく、ハウダニット(トリック当て)でもなく、ホワイダニット(動機当て)でもなく、ホワットダニット?と呼べばいいのかな。「何が盗まれたか?」という挑戦的なミステリー。
表紙を見てわかる通り、キャラクターや設定はとてもライトではちゃめちゃ。
でも、本筋はすごく本格ミステリしていてチャラいのに骨太。って感じだ。
特殊な舞台設定をちゃんとうまく使っている、というかこの物語をすんなり受け入れてもらうためにこの舞台が必要だったんじゃなかろうか。

ライトなミステリでよくあるそこらの日常系ミステリとは段違いの楽しさと、うまさ。
表紙やタイトルで敬遠しちゃう人もいそうでもったいない。
メフィスト賞あたり好きな人とかにおすすめ。

ネタバレありの感想

「何が盗まれたか?」が謎の中心ではあるんですけどそれぞれもちろん、「何で盗んだか?」も描かれていて、しかもそのどれもがなんかいい。
特に、「先生、記念に一枚いいですか」のコノミちゃん。最高にかわいくない?
彼女の真相とかとても素敵だし、抱え込んだものも大きそう。でも、とてもまっすぐ前を向いて生きている感じとか泣けてくる。
あと、最高にかわいい。

今作はシリーズ1作目ということで、キャラ・世界観の紹介、前振りが主な感じでしたが、それでも十分に読み応えはありこれからも楽しみだ。

2018年 年間ベスト

  1. 西加奈子「ふる」
  2. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  3. 宮下奈都「羊と鋼の森」
  4. 天祢涼「キョウカンカク 美しき夜に」
  5. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  6. 深水黎一郎「テンペスタ 最後の七日間」
  7. 北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」
  8. 青崎有吾「体育館の殺人」
  9. 下村敦史「生還者」
  10. 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」
  11. メグ・ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」
  12. 瀬尾まいこ「おしまいのデート」
  13. 長江俊和「出版禁止」
  14. 東野圭吾「十字屋敷のピエロ」
  15. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  16. 折原一「覆面作家」
  17. 浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」
  18. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  19. 首藤瓜於「脳男」
  20. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
  21. 原宏一「床下仙人」
  22. 高木敦史「演奏しない軽音部と4枚のCD」
  23. 枝松蛍「何様ですか?」
  24. 伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」
スポンサーリンク

Book | 2018年3月26日