Nobutake Dogen.com

伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」

金沢に持って行った本3冊目。
2白3日で3冊読了。あぁ、時間があるって素晴らしい。
だが、この小説はいまいち。残念。もったいない。

あらすじ

凶悪事件が後を絶たない状況を受け、日本政府が新たな法律を施行した。五人組―それは隣近所の5世帯が、犯した罪に連帯して処されるというもの。そんな中、五人組の班長に任命された来栖克明の隣に住む、真鍋老人が殺された。しかも、殺したのは同じ五人組の井辻という男らしく…。このままでは、ほかの五人組のメンバー全員が殺人罪に問われてしまう…。ここから狂気の日々が始まった。謎が事件を呼ぶ、猟奇ミステリー。
引用:BOOKデータベース

あらすじというか、設定は最高。
筒井康隆みたいで最高。
ハチャメチャなブラックコメディーになりそう。だけど、「猟奇ミステリー」か。

スポンサーリンク

ネタバレありの感想

せっかくのいい設定なのに、もったいない。
なんとも中途半端な位置づけになってしまってる。

ドタバタにもハチャメチャにもならず、”ちゃんと”ミステリーを書こうとしてしまっている。
せめてホラー的なものに寄せればもっと楽しめたんじゃなかろうか。

井辻が殺人を起こしてしまい(それも真相は別だが)、それを隠蔽するために死体を隠す、って無理がある。
五人組の制度があるのであれば、別の五人組に罪を被せる方向に持って行くべきだし、それを誰も思いつかないのが不自然で、怖さやミステリーとしての不思議さがなくなっている。
ご都合主義で進んで行ってしまうことも、緊張感をどんどんと削ってしまっている。
筒井康隆みたいな、ブラックなコメディーにしてくれたらきっと楽しい作品になっただろうな。
読後感も悪いのはわざとなんだろうけど、この設定になったらほぼこういう結末になるだろうし、結構序盤というかあらすじからこの結末は予想できてしまうので意外性は無し。

仙道の子供の真相も最初から読めてしまう。
というよりも、配布された紙に子供の名前が無いことを誰も不思議に思わないのも不自然。

“人間の怖さ”を演出したいのであれば、人間の行動や、思想にリアリティが無いとだめなんですね。
当たり前と言えばそれまでだけど、とにかくフィクション感が強すぎる。
あらすじは面白そう(いい設定)で、タイトルはキャッチー。
そこを全然活かせてない。
もったいない。

2018年 年間ベスト

  1. 西加奈子「ふる」
  2. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  3. 宮下奈都「羊と鋼の森」
  4. 天祢涼「キョウカンカク 美しき夜に」
  5. 瀬川コウ「謎好き乙女と奪われた青春」
  6. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  7. 深水黎一郎「テンペスタ 最後の七日間」
  8. 北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」
  9. 伊坂幸太郎「仙台ぐらし」
  10. 東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
  11. 有栖川有栖「46番目の密室」
  12. 青崎有吾「体育館の殺人」
  13. 下村敦史「生還者」
  14. 佐藤友哉「子供たち怒る怒る怒る」
  15. 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」
  16. 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」
  17. メグ・ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」
  18. 瀬尾まいこ「おしまいのデート」
  19. 東野圭吾「放課後」
  20. 長江俊和「出版禁止」
  21. 東川篤哉「密室の鍵貸します」
  22. 東野圭吾「十字屋敷のピエロ」
  23. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  24. 折原一「覆面作家」
  25. 浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」
  26. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  27. 首藤瓜於「脳男」
  28. 西澤保彦「麦酒の家の冒険」
  29. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
  30. 原宏一「床下仙人」
  31. 島田荘司「斜め屋敷の犯罪」
  32. 鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」
  33. 木下半太「鈴木ごっこ」
  34. 高木敦史「演奏しない軽音部と4枚のCD」
  35. 枝松蛍「何様ですか?」
  36. 伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」
スポンサーリンク

Book | 2018年2月27日