Nobutake Dogen.com

ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」

今更ながらに読みました。
名作と言われるものはできるかぎり読みたい、読むべきだ、と思っているのですが、なかなか難しいですね。
できれば読みたい。くらいになってしまってる。

安楽椅子探偵ものの代表的な短編「九マイルは遠すぎる」を含んだ短編集。

あらすじ

9マイルは遠すぎる アームチェア・ディテクティブ・ストーリーの定番。 ニッキィ・ウェルト教授は『九マイルは遠すぎる、まして雨の中ともあれば』と言う言葉を耳にし、この言葉を頼りに前日起きた殺人事件の真相を暴き出す!! 難事件を次々に解き明かしていく、教授の活躍を描く傑作短編集8編。
引用:Amazon

スポンサーリンク

感想

短編なのに、読み応えがすごい。
セリフも多めで読みやすいんですよ。
なのに読み応えすごい。

奇抜なトリックや魅力的な犯人なんかは出てこないし、嵐の山荘でもなければ、舞台は絶海の孤島なんかでもありません。
それでもこの作品が名作と言われるのは、主人公の探偵役であるニッキィ・ウェルト教授の圧倒的な推論力。
ただそれだけ。
小説としてとてもシンプル。
だから読みやすいんですけど、推論の展開があまりに論理的で、あまりに大胆。
そのジェットコースターっぷりについていくだけでちょっと疲れる。

推論が展開していく様はとても鮮やかで気持ちがいい。
多少無理やりだな、と思わせる部分はあるにせよ小説としての面白さが上回り、ニッキィ・ウェルト教授の言うことなら間違いない。なんて思えてしまう。

短編集ですが、続けて読まずに一個読んで休憩、一個読んで休憩ってのがちょうどいいと思う。

2018年 年間ベスト

  1. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  2. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  3. 下村敦史「生還者」
  4. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  5. 折原一「覆面作家」
  6. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  7. 首藤瓜於「脳男」
  8. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
スポンサーリンク

Book | 2018年1月22日