Nobutake Dogen.com

下村敦史「生還者」

少し前に湊かなえの「山女日記」を読んで登山って素敵だな、と興味を持っていたのですが「生還者」を読んでやっぱり山って怖いな、って思ってます。
山岳ミステリーといえば「吹雪の山荘」ってイメージだったんですけど、「生還者」は下山後のミステリー。
珍しい感じがしますが、こういうのって結構あるのかな?

まず言っておくと、めちゃめちゃ面白い。

主人公「増田」の兄「直志」がカンチェジュンガ登山中に雪崩に巻き込まれて亡くなった。
遺品を調べると直志のザイルは人為的に切断された後が。
『直志は誰かに殺されたのでは?』と、疑問を抱く増田。

そして、その雪崩から2人の男が生還を果たす。
「高瀬」と「東」彼らの証言が正反対に食い違うことで、より謎が深まっていく。

山というある種の密室の中、何が起きたのか?なぜ直志は殺されたのか?高瀬と東どちらが嘘をついているのか?そして、なぜ嘘をつくのか?
これ、全部解決できるのか?って思うくらい。
でも、解決しちゃんだもんな。
めちゃめちゃ面白い。オススメ。

あらすじ

雪崩で死亡した兄の遺品を整理するうち、増田直志はザイルに施された細工に気づく。死因は事故か、それとも―。疑念を抱く中、兄の登山隊に関係する二人の男が生還を果たす。真相を確かめたい増田だったが、二人の証言は正反対のものだった!ヒマラヤを舞台にいくつもの謎が絡み合う傑作山岳ミステリー。
引用:Amazon

スポンサーリンク

感想(ネタバレあり)

二転三転する終盤の展開は一気読み必至。
4年前の事故も置いて行ったほうが加賀谷ではなく、美月達の方という真相まで見えてきて色々な要素がピタリとハマっていく感じは気持ち良さすらある。

高瀬と東のどちらかだけを悪人に、どちらかだけを善人にするわけではない決着のつけ方も見事。

謎解きの部分だけではなく、山岳シーンも登山を知らない僕でも想像ができるくらいのうまい描写。
増田達が雪崩に巻き込まれてからの捜索のシーンは本当にハラハラするし、感動的。

ライスシャワーをラストシーンに持ってきたのも素晴らしい。
ライスシャワーと吹雪、どちらも白い風景。
その白い風景が不幸を象徴したものから幸福を象徴したものに変換される描写は、明るい未来を見せてくれるようでとても感動的。

ミステリーとしても面白いし、山岳ものとしても面白い。
読んでよかった。
たくさんの人が読めばいいと思うし、僕も下村敦史さんの他の作品も必ず読む。

登山怖いな、と思ったものの、登山者ってかっこいいな、素敵だな。
とは思ったので、やっぱり暖かくなったら金時山には行こうと思う。
カメラも持って。

2018年 年間ベスト

  1. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  2. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  3. 下村敦史「生還者」
  4. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  5. 折原一「覆面作家」
  6. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  7. 首藤瓜於「脳男」
  8. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
スポンサーリンク

Book | 2018年1月14日