Nobutake Dogen.com

首藤瓜於「脳男」

読んだことあると思ってて、でも忘れてるからもう一回読もう。と思って買ったんだけど、多分未読だ。
「第46回(2000年) 江戸川乱歩賞受賞」ということですが、そう思って読むと江戸川乱歩っぽさある。無いこともないんじゃないかな。少しは。

鈴木一郎の天才感とか、どことなくオドロオドロしい雰囲気とか、エンタメ小説って感じとか。なんとなくね。なんとなく、そんな風に感じられなくもない感じで。っていう自信の無さ。

あらすじ

ある地方都市で起きた連続爆破事件の犯人が割り出されるところで物語ははじまる。警察が犯人のアジトを急襲すると、犯人は謎の男ともみあっている。犯人は逃亡し警察は謎の男のみ逮捕するが、男「鈴木一郎」の言動はどこか奇妙で、精神鑑定を受けさせるため病院に送られる――
引用:Amazon

スポンサーリンク

感想(ネタバレあり)

ミステリーでは無い。主軸は謎解きでは無い。
一番の謎は鈴木一郎の正体なんだけど、そこの解決は推理やひらめきではなくとにかく足。

後半、病院での爆弾の件あたりから加速度的に面白くなってくる。
作者さんも謎解きよりもこういう場面を書きたかったのでは?
もしそうであるならば、もっと爆弾魔の緑川を掘り下げて、鈴木対緑川対茶屋の三つ巴とかもっと読みたかったな。

ヨハネの黙示録を見立てた犯行とか魅力的だし、緑川がそこに至った背景とかあればもっと魅力的な悪役になれたのにな。

続編ありそうな終わりだな、って思って、読了後ググったら当然あったり、これ映画化もされてたのか。
続編は見てみよう。
映画はいいや。

2018年 年間ベスト

  1. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  2. 下村敦史「生還者」
  3. 折原一「覆面作家」
  4. 首藤瓜於「脳男」
スポンサーリンク

Book | 2018年1月14日