Nobutake Dogen.com

ルイス・サッカー「穴」

この小説には全てがある。
友情、冒険、成長、謎、伏線、感動、差別などなど、全ての要素が詰まっていると言ってもいい。
本当に見事な1冊だし、それより単純に面白すぎる1冊。

まだ「穴」を読んでいない人が羨ましい。
こんな面白い物語を初体験できるの羨ましい。

全ての人に薦めたい。
僕も1年に1回は読んでると思う。

あらすじ

全米図書賞、ニューベリー賞他受賞の傑作。無実の罪で砂漠の矯正施設に入れられた少年スタンリー。大地に穴を掘るだけの苦行の日々から脱出し、不運を幸運に逆転する冒険へと踏み出す。友情と感動の物語!
引用:Amazon


スポンサーリンク

感想(ネタバレあり)

人格矯正として、ただひたすら砂漠に穴をほらされる主人公のスタンリー・イェルナッツ。
だけど、すぐに人格矯正のためではない、と気付き、「なぜ穴を掘るのか?」という謎を残したまま、そして、一見関係のない過去のエピソードを交えながら物語は進んでいく。

この方法がすごく今時ですよね。
伊坂幸太郎みたい。
結末の伏線回収もまさしく伊坂幸太郎みたいで爽快。
「いしいしんじ+伊坂幸太郎」って感じだ。

奇跡の連続でリアリティという点ではないんですけど、その奇跡が起きるのもスタンリーの血と勇気と友情のおかげであり、全て受けるべき奇跡ですよね。
しかも奇跡の分、しっかりと不幸もあって、ただただ幸せな物語じゃない。
結末、あくまでこの小説としての結末はハッピーエンドなんですけど、これまでのスタンリーや周りの登場人物、これからのスタンリーや登場人物が幸せかどうかはわからない、ってのは当たり前なんですけど、そんな風に思わせるリアルさもある。

とにかく、伏線回収が見事。
そしてそんなことより、伏線回収とかそういうの抜きにしても最高に面白い。

一生読める。

スポンサーリンク

Book | 2017年12月11日