Nobutake Dogen.com

森絵都「気分上々」

カラフル (文春文庫)」って最高ですよね。
森絵都は「カラフル」を書いた作家ってだけでもう最高の作家さんなんですけど、他にも「風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)」やら「アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)」もすごくいいから最高。

あらすじ

中学2年生の柊也は、クラスメイトの翼に誘われて渋々行った中華街で無銭飲食の罪を着せられてしまう。困った柊也がとった行動は…(「気分上々」)。“自分革命”を起こすべく親友との縁を切った女子高生、8年前の“あの日”を忘れられない女性、一族に伝わる理不尽な“掟”に苦悩する有名女優…。毎日をもがきながらも一生懸命に生きる人たち。これまでに発表された短編から選りすぐった、元気と勇気をくれる9つの人生物語。
引用:Amazon

感想

9つの短編集。

「17レボリューション」がとにかく素晴らしくて、キャラ造形や、捻ったところからのストレートなメッセージ性など、見事だし。
何より、文体や登場人物のやり取りを見ていると自然と笑顔になってしまうし、応援してしまうし、ヤキモキさせられてしまう。
この短さでここまで感情移入させられるってのは久々だ。

「気分上々」もなんかすごく難しいところをさらりと書いていて、読むタイミングで感想がすごく変わりそう。
なによりびっくりしたのが、溢れる童貞感。
女性作家がこんなの書くなんてずるい。
とはいえ、やはり女性だな、だなと思わされるところも多く、これまでに味わったことの無い童貞感だった。

「ブレノワール」も良い。
食事のシーンを上手に描けている作品は名作。

他のも森絵都らしく幅の広い作品で、どれも温度感が心地良い。

Book | 2017年11月2日