Nobutake Dogen.com

竹吉優輔「襲名犯」

江戸川乱歩賞受賞作のミステリーというよりはサスペンス。
タイトルいい。

あらすじ

関東の地方都市で起きた連続猟奇殺人事件。ルイス・キャロルの詩に関連して、ネットの住人から「ブージャム」と英雄視された犯人は、6人を殺害した後、死刑が執行された。事件から14年後。突如として同じ手口の犯行が始まった。小指を切り取られた女性の惨殺体。「ブージャム」を名乗る血塗られた落書き。かつての被害者、南條信の双子の弟、南條仁のもとへ「襲名犯」からのメッセージが届けられる…
引用:Amazon

感想(ネタバレあり)

読書メーター見ると、いまいち評判良くないですね。
江戸川乱歩賞でハードルが上がったせいか、それともみんな犯人当てが好きなのか。

犯人当てものとしては簡単というか主要な登場人物が少ないので
ハウダニット(どうやったか)ではなく、ホワイダニット(何故やったか)がメインになると、当然主要な登場人物でなくては、つまらないもんね。
回想での「信」に見せていた視点が「信」ではなかったところなんかもドンデン返しがしたいんじゃなくて、「信」のキャラクターをもっとよく理解させるための救いのための装置だと思います。

不謹慎と言われようが、猟奇的な殺人事件を題材にしたフィクションはどうしても好きだし、実生活でも興味をもってしまう。
他の方の感想でもちょこちょこある「ブージャムが魅力的ではない」というのは確かに、ちょっと弱いですよね。
そうなると、そのブージャムに魅せられた犯人もいまいち、迫力が無くなってしまっています。

魅力的ではないのは、犯人側だけでなく、主人公である「仁」も。
彼が無気力だったり、人間性が欠けているのは生いたちを考えるとしょうがないとしても、あれだけ仲間・友人に恵まれているのであれば、表面上はもっと「いいやつ・楽しいやつ」でもよかったのでは?と。

初代「ブージャム」だけで1冊あってからの今作だったらもっとのめりこめたと思う。
残念だけど、全体的にはいい雰囲気とテンポ良さなどで、好きな作品。

Book | 2017年10月12日