Nobutake Dogen.com

芦沢央「罪の余白」

映画化されてたんですね。
映画に向いてそう。映画も見てみようと思う。
原作は普通。

芦沢央さん、これがデビュー作なのか。
文章は自然で読みやすいのに、気にかかってしまうアクセントを所々に置いていて、それが独特の心地よい気持ち悪さを生んでいて、独特な読後感。
きっと好きな方な作家だ。
他のも読んでみよう。

あらすじ

どうしよう、お父さん、わたし、死んでしまう―。安藤の娘、加奈が学校で転落死した。「全然悩んでいるようには見えなかった」。クラスメートからの手紙を受け取った安藤の心に、娘が死を選んだ本当の理由を知りたい、という思いが強く芽生える。安藤の家を弔問に訪れた少女、娘の日記を探す安藤。二人が出遭った時、悪魔の心が蠢き出す…。女子高生達の罪深い遊戯、娘を思う父の暴走する心を、サスペンスフルに描く!
引用:Amazon

感想(ネタバレあり)

妻を亡くし、唯一の糧であった娘も失ってしまった聡は最後まで理性を捨てきれずにいて、その見せ方がすごく上手い。
自殺を試みるも、(頭のいい聡ならきっと知っているであろう)成功率の低いリストカットを選んでしまっていたり、復讐を決意するも、大人として救いもきちんと用意してしまっていたりと。

きっと聡はそんな理性的な自分や、それを捨てる手段と早苗を求めたことや、そもそも自分が生きていることに悩んでしまっているんだと思う。
そこに必要以上にクローズアップしない書き方、すごくいい。

ベタが何の象徴なのか?

最初から最後まで、やけに象徴的にベタが出てきますが、何を現しているのか、、最後までいまいち分からず・・・

美しさ(咲)の象徴なのか、暴力性(いじめ)の象徴なのか、
と思ったんだけど、それであれば加奈はもちろん、母親である真理子がベタを好きなわけがないんですよね。
早苗とベタの繋がりも見えてこないし。
読解力足りないなぁ。

単純にビジュアル的な彩り、ということもありますが、それにしては登場多いのが気になるんですよ。なんなんだろう。

 

サスペンスモノとしては、聡と咲の心理戦をもっと見たかったってところは残念。
テーマができる限り重いわりに、読後感がそこまできつくないのは、いいのか悪いのか。

加奈と聡のやり取りすごく好きなので、そこをもっと長く、深く見せてくれてたら読後感ももっときついものになっただろうな。

Book | 2017年10月1日