柾木政宗「N0推理、NO探偵?」

第53回メフィスト賞受賞作。
「メフィスト賞史上最大の問題作」なんてハードル上げまくりのキャッチコピー。
そりゃ気になる。
結果、最高。あくまで僕的にはですが、最高。

あらすじ

私はユウ。女子高生探偵・アイちゃんの助手兼熱烈な応援団だ。けれど、我らがアイドルは推理とかいうしちめんどくさい小話が大好きで飛び道具、掟破り上等の今の本格ミステリ界ではいまいちパッとしない。決めた!私がアイちゃんをサポートして超メジャーな名探偵に育て上げる!そのためには…ねえ。「推理って、別にいらなくない―?」NO推理探偵VS.絶対予測不可能な真犯人、本格ミステリの未来を賭けた死闘の幕が上がる!
引用:Amazon

ネタバレなしの感想

推理ができなくなった探偵が事件を解決していくコミカルな探偵小説。

これまでのメフィスト賞全部読んでるわけじゃないですけど「メフィスト賞史上最大の問題作」という言葉に嘘はないだろう。
そもそも問題作ばかりのメフィスト賞。
その中でも史上最大ってどれくらいだ。これくらいだ。

「NO推理、NO探偵?」は軽い台詞でのやり取りがほとんとで、とにかくライトな文体ですが、柾木政宗はきっと、「普通の(という表現は間違った表現であると思いますが)ミステリー」も書ける作家さんだと思う。
文章に齟齬がなく、こういう作品(問題作)のためにこの文体であることを選んでいる印象。

問題作であることは間違いないです。
誰にもオススメはできないけど、僕は大好きだし、絶賛しちゃう派です。
ぜひみんなにも読んでほしい。
そして怒ってほしい。謝らないけど。

今作で全ての読者を全力で殴りに来てて、次作がとても楽しみなようで怖いようで。
アイちゃん&ユウちゃんのこの後も読みたいし、柾木政宗の書くもっと順当な(という表現もどうかと思いますが)ミステリーも読んでみたい。
でも、今作での上がったハードルを越えられるのか。
あぁ、本当に楽しみだ。
早く次作を!

ネタバレになりそうな感想

とにかくメタメタ。
最初から最後までメタメタ。

1話〜4話までは推理をせずに事件を解決していく。
最終話で探偵の力が復活したアイちゃんがそれぞれ解決した1話〜4話の「推理のショートカット」をしていく。あくまでもショートカットであって新たな真相ってわけではないのにわざわざ披露してしまう、探偵の性。ダサくてかっこいい。
そして最終話の推理。

メタミステリーとはなんぞや、みたいな話は怖いのでしませんが、「アンチミステリーとしてのメタミステリー」という一面があることは確実だと思うんですよ。
そういった視点からでいうと、「NO推理、NO探偵?」はきっと「アンチメタミステリーとしてのユーモアミステリー」なんじゃなかろうか。
メタミステリーに対する手段がユーモアミステリーってすっごいかっこいいと思うんですよね。

批判的な意見として探偵と助手の漫才的なやり取りやらギャグやらが「寒い」「スベってる」っていうのをよく見ますが、こんなタイトルでこんな表紙で書き出しから「寒い」のは分かるはずなんですよね。
そういう部分ではとてもフェアだと思う。

とはいえ、真相に「聞き間違い」をもってくるのがいくつかあったのはどうかと思う。
それでも、この作品は大傑作だし、大絶賛しちゃう。
大好き。

作者の柾木政宗さんは本当は、古典的な本格ミステリが好きなんじゃなかろうか。
飛び道具ばかりになってきた現代のミステリー界に警笛を鳴らそうとしてるんじゃなかろうか。なんて考えるのは深読みしすぎかしらん。

2017年 年間ベスト

  1. 村田沙耶香「殺人出産」
  2. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  3. ルイス・サッカー「穴」
  4. 梓崎優「叫びと祈り」
  5. 舞城王太郎「煙か土か食い物」
  6. 舞城王太郎「好き好き大好き超愛してる。」
  7. 柾木政宗「N0推理、NO探偵?」
  8. 城平京「虚構推理」
  9. 辻村深月「名前探しの放課後」
  10. 三島由紀夫「命売ります」
  11. 森博嗣「すべてがFになる」
  12. 米澤穂信「満願」
  13. 豊島ミホ「底辺女子高生」
  14. 江戸川乱歩「江戸川乱歩名作選」
  15. 太宰治「人間失格」
  16. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  17. 深水黎一郎「五声のリチェルカーレ」
  18. 麻耶雄嵩「貴族探偵」
  19. 朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」
  20. 喜国雅彦「本棚探偵の生還」
  21. 森博嗣「冷たい密室と博士たち」
  22. 西澤保彦「殺意の集う夜」
  23. 野村美月「文学少女と死にたがりの道化」
  24. 森絵都「宇宙のみなしご」
  25. 湊かなえ「山女日記」
  26. 霧舎巧「名探偵はもういない」
  27. 泡坂妻夫「湖底のまつり」
  28. 降田天「女王はかえらない」
  29. 森絵都「気分上々」
  30. 辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」
  31. 野村美月「文学少女と飢え渇く幽霊」
  32. 辻村深月「光待つ場所へ」
  33. エドガー・アラン・ポー「黒猫」
  34. 歌野晶午「そして名探偵は生まれた」
  35. 法条遥「忘却のレーテ」
  36. 折原一「グランドマンション」
  37. 辻村深月「ロードムービー」
  38. 瀬尾まいこ「強運の持ち主」
  39. 志駕晃「スマホを落としただけなのに」
  40. 桐山徹也「愚者のスプーンは曲がる」
  41. 峰月皓「七人の王国」
  42. 湊かなえ「母性」
  43. 飯田譲治 梓河人「盗作」
  44. 伊坂幸太郎「残り全部バケーション」
  45. 折原一「遭難者」
  46. 折原一「螺旋館の殺人」
  47. 芦沢央「罪の余白」
  48. 井上夢人「魔法使いの弟子たち」
  49. ジェフリー アーチャー「百万ドルをとり返せ!」
  50. 伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」
  51. 竹吉優輔「襲名犯」
  52. 湊かなえ「境遇」
  53. 長谷川夕「僕は君を殺せない」
  54. 早坂吝「〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件」
  55. 蘇部健一「六枚のとんかつ」