Nobutake Dogen.com

歌野晶午「そして名探偵は生まれた」

「葉桜の季節に君を想うということ」はあんまり好きじゃないです。
正直評価高すぎると思うんですよ。
それより「密室殺人ゲーム王手飛車取り」や「さらわれたい女」の方が面白い印象。

表題作を含む密室(密閉空間)にこだわった4編の短編集。

短編でいいのかな、中編かな。
まず「そして名探偵は生まれた」ってタイトルが最高すぎる。
ミステリーってもともとエンタメ向けのジャンルですが、エンタメとしてのミステリーとしてすごくいい。

あらすじ

影浦逸水は、下世話な愚痴が玉に瑕だが、正真正銘の名探偵である。難事件解決のお礼に招かれた伊豆の山荘で、オーナーである新興企業の社長が殺された。雪の降る夜、外には足跡一つなく、現場は密室。この不可能犯罪を前に影浦の下す推理とは? しかし、事件は思わぬ展開に……。(「そして名探偵は生まれた」より)“雪の山荘”“孤島”など究極の密室プラスαの、ひと味違う本格推理の傑作!
引用:Amazon


スポンサーリンク

ネタバレありの感想

そして名探偵は生まれた

コメディでしたね。
解決した事件を発表したら訴えられて多額の借金を背負った名探偵。
密室トリックはさすがに安っぽいというか、スケールが小さい感じ。
コメディとしてもっと派手で非現実的なものでもよかったのでは?

生存者、一名

タイトル聞いたことあるなぁ、って思ってたらこれだけで一冊出てるやつですね。
多少アンフェアな部分(屍島において男性一名を救出した)はありますが全体的な雰囲気は大好物だし、最後の全ての真相を明らかにしない感じはすごく好き。
長編にしてもらいたいな。

館という名の楽園で

ミステリ好きが館に集まって、(ゲームとして)事件を起こす。
という設定はどうしたってワクワクするし「それだけで終わるわけがない。実際の被害者が出てくるはずだ」と思いながら読んでしまうわけですけど、そこをうまくすり抜けた後の結末。
推理小説としても娯楽小説としても楽しい。

とても親切でフェアにヒントを出してくれていたおかげで珍しくトリック読めましたが、名短編。

夏の雪、冬のサンバ

このトリック見たことある気がするんですけど、他で使われてましたっけ?
それとも、この作品をどっかで読んだことがあるのかな。

ボーナストラックということだそうですが、これない方が締まりよかったのでは。
個人的に好きじゃないだけかも、ですが。

スポンサーリンク

Book | 2017年9月11日