Nobutake Dogen.com

村田沙耶香「殺人出産」

ちょっと信じられないくらい面白い。
村田沙耶香は「ギンイロノウタ (新潮文庫)」「マウス (講談社文庫)」に続いて三冊目で、これまでも面白いと思っていたし、外れないんじゃないか、と思ってはいたのですが、これはちょっと飛び抜けて面白い。

あらすじ

今から100年前、殺人は悪だった。10人産んだら、1人殺せる。命を奪う者が命を造る「殺人出産システム」によって人口を保つ日本。会社員の育子には十代で「産み人」となった姉がいた。蝉の声が響く夏、姉の10人目の出産が迫る。未来に命を繋ぐのは彼女の殺意。昨日の常識は、ある日突然変化する。表題作、他三篇。
引用:Amazon

「今から100年前、殺人は悪だった。」
これだけでもう、最高なんですけど、

「10人産んだら、1人殺せる。」
なにこれ。
すごい。

感想(ネタバレあり)

人口の減少が深刻になった、100年後の日本。
「10人の子供を産んだら、1人の人間を殺しても良い」という価値観が常識となった世界。

子供を10人産んだ人は「産み人」と呼ばれ、指名した人間1人(「死に人」と呼ばれる)を殺すことができる。
「死に人」には1ヶ月の猶予が与えられ、殺されたくなければ自殺をすることも可能なんですけど、この「自殺をすることも可能」って部分がすごいと思うんですよ。
死に方を選べる。ということは生き方を選べるということにつながるので、この世界で、命が軽々しく扱われているわけではないんですよね。

主要な登場人物は3人。
主人公の育子
育子の姉で、自分の殺人衝動を自覚し「産み人」となった
育子の会社の同僚で、「殺人出産制度」を否定する早紀子
彼女らがそれぞれ、ちゃんと考えや哲学を持っていて、そりゃぶつかるし、悩むし。
そういうぶつかったりや、悩み、こそが文学なんだと思う。

村田沙耶香が「命」というものをどういう風に捉えているのか。
何も思い入れがなくて、こんな小説は書けっこないと思うのですが、思い入れがある割にはとても公平に命のあり方を捉えているんじゃないかと。

とにかくめちゃめちゃ面白い。
最高。

表題作以外の3作もそれぞれ、常識を疑っていて面白い。

大事な一冊がまたできた。

Book | 2017年8月10日